iPhoneとandoroid

スマートフォン市場はアップルが販売するiPhoneに搭載されているiOSとGoogleが開発したOS Andoroidの2種類のOSがシェアのほとんどを占めています。PCの世界ではwindowsが寡占状態でシェアを占めましたが、スマートフォン市場ではこの2つの勢力争いは始まったばかりです。


アップルは端末のハードウエアを販売すると同時に、端末に搭載するという形式でソフトウエアも販売していますが、Andoroid端末は他の製造メーカが製造する端末に搭載されるという形式をとっています。



そのため、日本のような独自の進化を遂げた携帯電話市場では、Andoroid端末のほうが従来のサービスに対応しているというメリットがあります。



しかし、iPhoneは世界統一の規格を採用しているために、日本独自の規格(例えば、suicaなどの電子マネーサービス)には対応していません。
恐らく、今後もガラパゴスと呼ばれた日本独自のサービスにiPhoneが対応するという事もないと思われます。

しかし、このようなデメリットがあるにも拘らず、日本はiPhone天国と呼ばれるくらいiPhoneのシェアが高いのです。



この原因は、初期のAndoroid端末が、余りにもMPUのスペックが低く、フリーズする、アプリが途中で終了するなどのトラブルが多発したためだと思われます。
原因は日本市場の特異性にOSを合わせたためではないかと思われますが、未だにフリーズするなどの声を耳にします。


スマートフォンはまだまだ成長を遂げる市場であると考えられるため、これからの進化には注目です。