iPhoneは様々なサービスとの連携で進化する

iPhoneが便利になったのは、ネットの各種サービスと連携できる面も大きいです。


ネット上には様々な便利なサービスがあります。


クラウドサービス、SNS、検索サービスなど様々ですが、そのようなサービスの多くは専用のiPhoneアプリが存在していて、便利に使いやすくなっています。

パソコンやMacを使用して、そのようなサービスを利用する場合、ブラウザの機能に依存してしまいますが、アプリの場合は、自由度が高く、まるで専用の端末で操作しているような操作感を実現しているアプリも少なくありません。

パソコンやMacのブラウザを使用して各種ネットサービスを利用するよりも、iPhoneアプリを使用した方が、簡単で、早い場合も多くなってきました。

SNSの発展を考えてみても、iPhoneの登場により使い勝手が飛躍的に向上しました。



つぶやくのも簡単にできますし、写真をアップロードするのも一瞬の操作で可能になっています。



今後はパソコンやMacをわざわざ持ち出すのは、高度な作業をする時のみになる可能性が高いでしょう。



普通の検索や、ネットサーフィンなどで利用する場合は、iPhoneの方が断トツに早く使用できるので、ネットをするだけの為に、パソコンが必要になる時代は終わったと言って良いでしょう。

このような連携による、生活レベルの向上が次の進化のヒントになっているのかもしれません。

今後もますます、私たちの生活になくてはならない物として、世界中をドキドキさせてくれることでしょう。