ミュージシャンがiPhoneを使う理由

iPhoneの進化を見ていると、まだまだ様々な可能性を持っている事を実感できます。

ここ数年でネットの使い方も大きく変化しましたし、生活に影響を与えるほどのアプリが沢山出ているのも事実です。



iPhoneの使い方は、その人次第ですが、音楽制作にiPhoneを利用しているミュージシャンも多くなっています。


内蔵のマイクは音楽録音する為に使うのは、まだまだ改良の余地がありますが、閃いたメロディを録音して記録する事などには向いています。


閃きはいつ降りてくるのかわかりませんが、いつでも持ち歩くのが普通なので、いつでも録音できて非常に便利です。

また本格的なフィールドレコーディングも、専用のマイクを購入して装着すれば、高音質な録音を楽しむ事ができるようになります。



iPhoneを録音機器として使用するメリットは他にもあります。

普通のハンディーレコーダーを使用する場合、音質は良いのですが、録音したファイルの管理が意外と面倒なのです。



iPhoneの録音アプリの中には、録音したデータを、Wi-Fiを使用してネットのクラウドサービスにアップロードできるので、ケーブルを挿したり、カードで取り込んだりする手間はなくなります。
手間を省く事は時間の無駄がなくなる事なのでとても素晴らしい事です。
クラウドサービスや、SNSなどネットサービスとの連携によって、使い勝手も大きく変わってきましたが、今後のお互いのサービスが影響を受けながら、どんどん進化していく事が期待されています。